2016年5月5日

朗読者たち ――音 vol.5 vol.11


渡部寿珠
フルート奏者 渡部寿珠 Watanabe Suzu 

桐朋学園芸術短期大学卒業。卒業時成績優秀者として卒業演奏会に出演。その後桐朋学園大学音楽学部に編入し、学部・研究科を修了。在学中よりプロオーケストラへの客演や演劇とのコラボレーション、ライブ活動・レコーディングなどを開始。

草津国際音楽祭において故ヴォルフガング・シュルツ氏マスタークラスから選抜され、ファイナルコンサート出演。
ルーマニア国際音楽コンクール、室内楽部門第3位受賞(フルート四重奏・K.Quartet)。2015年『バンドジャーナル』に、30歳以下の特集アーティストとして掲載される。 2016年4月、ルーマニア国立ブラショフフィルハーモニー交響楽団にソリストとして招聘される。

モットーは「ジャンルレス」。 フルートを手に、ヒト・コト・オトあらゆるトビラを行き来する。言葉と文字の交叉点で、彼女は声なき歌をうたう。

(さらに詳しく)
□ソロリサイタルシリーズ「Flutissimo!
□地元である愛媛県やその近隣の香川県での「Quintet of Tokyo」
□様々な楽曲とのコラボレーションライブ「Question?」シリーズ などの主催企画多数。
また、国内外で活動しているNovem(三味線・ラテンギターユニット)やThe Syamisenist(三味線デュオ・ドラムによるユニット)などにゲストとしてライブ出演・レコーディング参加。その他ジャズやラテンなどの様々なジャンルを演奏。
―主な参加作品―
2014年
・文化庁推薦作品 Yプロジェクト主催「愛の門」
・多摩美術大学卒業製作映画 秋草瑠衣子監督作品「SADA」
・朗読者 in KAWAGUCHI vol.5  小川洋子作「冷たい紅茶」(音楽監督:河崎純)
2015年
・静岡県舞台芸術センター(SPAC)制作「王国、空を飛ぶ!」