2018年3月28日

朗読者 in KAWAGUCHI vol.16

 安部公房「詩人の生涯」2018.4.21/22


朗読者、2018年の新作第一号は 安部公房です!!!

詩人の生涯 安部公房 朗読者

朗読者 in KAWAGUCHI vol.16  2018.4.21/22
 「詩人の生涯」 
 著◎安部公房
 演出・美術◎北川原梓
 出演◎奈佐健臣(大沢事務所)、河崎純(コントラバス)
 @KAF GALLERY


かの澁澤龍彦氏が「骨の髄までメタモルフォーシスの論理で武装した小説家」 (『変身のロマン』解説より) と評した、まさに変身・変形の作家・安部公房。氏の小説、戯曲でたびたび描かれる“人間の、物質化もしくは変態”は、何を指し示しているのでしょうか。暗示か啓示かそれとももっと物理的な意味合いなのか、その解釈や影響に対する研究は非常に活発です。

そんなちょっと難しい感じのする作家・安部公房。
しかし恐れることなかれ!朗読者は朗読者の論理で、この“安部公房”という作家の作品を“体感”としてお届けします!!

今回上演する「詩人の生涯」。
「ユーキッタン、ユーキッタン」という不思議な音から始まるこの小説は、1951年『文芸』に発表されました。氏が芥川賞(上半期)を受賞した年の秋のことです。安部公房の作家デビューは1948年。その3年後に書かれた初期の作品で、澁澤氏の言うところのメタモルフォーシスの論理が顕著に現れています。

そして何よりこの作品は、非常に美しい。
人間だけでなく、時間も世界そのものも変形し裏と表がひっくり返ってなお、秩序が保たれている。そんな美しさ。
理系理論の幻想文学。


朗読者公演としては久々にインスタレーションを駆使した美術空間で、硬い体としなやかな弦がぶつかり合う、静かなる詩人の世界をご堪能ください!

▼▼ご予約はコチラから▼▼
http://www.art-kouba.com/roudokusha/yoyaku.html
※小さな会場での公演です。ご検討の方はお早目のご予約をお勧めいたします!


 公演概要


日時 2018年4月21日土曜日 17:00~  
       4月22日日曜日 15:00~
   ※開場は開演時間の30分です 

会場 KAF GALLERY   
   南北線直通・埼玉高速鉄道「川口元郷」駅・出入口①より徒歩5分  
□住所 〒332-0011 埼玉県川口市元郷2-15-26
   □TEL 048-222-2369、090-3080-4234(担当 金子)   
   ※会場は少々わかりづらい場所にございます。お時間の余裕を持ってお越しいただけますよう、お願い申し上げます。

料金 前売 2800円     
   当日 3000

予約 http://www.art-kouba.com/roudokusha/yoyaku.html

詩人の生涯 安部公房 朗読者