4.03.2021

百閒動物夜話_online

薄明の百閒幻想へようこそ







【百閒動物夜話】

内田百閒の紡ぐ動物にまつわる怪異をテーマに、

◎ロウドクシャ公演
◎文化トーク
◎ロウドクシャセレクトの文学菓子盆/オリジナルの百鬼園新聞

の三本柱で、「動物と怪異の世界」を楽しんでいただく、
完全オンライン文学エンターテインメントです!

 ロウドクシャ公演(2作品)


内田百閒
■映画小説 「件」
 「とおぼえ」(生配信)

出演◎奈佐健臣
演出◎北川原梓

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「件」

黄色い大きな月の下、
広い広い野はらのまんなかに、
わたしは立っていた。
顔は人間で体が牛の妖怪、“件”として。
人々が私のまわりに集まってくる。
人々が私に期待している。
ああ私は、「どうしていいか、わからない」

大正10年に雑誌「新小説」に掲載された百閒初期の代表作を、ロウドクシャオリジナル”映画小説”仕立てでお届け。
内田百閒「件」(2014年初演)
(2014年初演の様子)
***************

「とおぼえ」(新作)

友人を見舞って帰る秋の宵、灯りのついた氷屋に入ると、主人の様子が何かおかしい。
どこからか犬の遠吠えが聞こえてくる......。

静かに這い寄る恐怖が現代においても色褪せない、百閒作品ならではの不思議な読書体験をロウドクシャ公演(生配信)で再現する。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


 文化トーク


ゲスト◎東雅夫氏(アンソロジスト/文芸評論家)

1958年、神奈川県生まれ。アンソロジスト、文芸評論家。 元「幻想文学」編集長。怪談専門誌「幽」編集長、編集顧問を歴任。 『遠野物語と怪談の時代』で日本推理作家協会賞を受賞。 著書に『百物語の怪談史』『文学の極意は怪談である』『文豪妖怪名作選』(創元推理文庫)ほか多数、編纂書に筑摩書房版『文豪怪談傑作選』、 汐文社版『文豪ノ怪談 ジュニア・セレクション』ほか多数、監修書に岩崎書店版『怪談えほん』ほかがある。
https://twitter.com/obakezukinw

聞き手◎茶谷ムジ(案内人)/北川原 梓(演出家)




 イベント詳細


開催日時◎2021年6月26日(土)
     開場18:45/開演19:00 
      ※1週間のアーカイブ配信あり

会場  ◎オンライン開催(お申し込みの方に、配信URLをお送りします。)

チケット

参加券・梅 3,000円(特典:百鬼園新聞)
参加券・竹 4,000円(特典:饗宴会参加)
参加券・松 5,500円(特典:饗宴会参加・ロウドクシャ謹製菓子盆)
※百鬼園新聞はすべての参加券に特典として付いています。

▼チケットのご購入はこちらから!▼

タイムスケジュール 

18:45 開場
19:00 開演
    朗読者公演「件」
19:40 文化トーク/ゲスト:東雅夫 氏
20:30 朗読者公演「とおぼえ」
21:00 終演予定・挨拶 
21:05 参加券・竹、松のお客様特典・饗宴会(20分程度)
21:30 終了 

参加券 特典詳細

■百鬼園新聞(参加券・松、竹、梅)
毎回好評のロウドクシャ特製新聞をPDFでお送りします。今回は、百鬼園新聞。内田百閒、朗読者公演作品に関する内容でお届けします。 
※参加権・松の方には、紙の新聞を郵送でお届けいたします。




▲前回鏡花色雛公演にて配布した色雛新聞。

■饗宴会参加(参加券・松、竹)
閉演後、演者・スタッフとクロストークできる饗宴会。
zoomのリンクをお送りしてオンラインで開催します。



▲2018年公演後の様子。

■ロウドクシャ謹製菓子盆(参加券・松)
今回の公演にゆかりのあるスペシャルなお菓子をお届けします。


百閒動物夜話



▼▼∵▼▼∵▼▼∵▼▼∵▼▼∵▼▼∵▼▼

【饗宴ロウドクシャ二〇二壱】

文学体感 × 文学飯・文学酒 × 文学を糸口に文化を知る
オンライン、空間演出、トーク、宴!
五感と好奇心を刺激する文学エンターテインメント
2021年は決して見逃せない・・・!

俳 優◎奈佐健臣
演 出◎北川原梓
ゲスト◎東雅夫

▶︎6/26(土)百閒動物夜/内田百閒

▶︎12/4(土)怪談夜宴


お楽しみに!