次回 2018年6月17日

ファムファタール




▲▲▲詳細・ご予約はコチラから▲▲▲



2018年4月29日

芥川縁席「羅生門」| 2018年5月12日

 築96年の古民家でー。 聴く・観る・味わう、文学と文化

芥川龍之介 羅生門 ロウドクシャ
平安ー、
大正ー、
そして現代に通ずる、時代を超えた利己主義を生々しく表現した普遍的作品「羅生門」を、朗読者が文字メーションでお送りします。

お越しくだされ、芥川龍之介を五感で読む、空間演出の間!!

2018年3月28日

朗読者 in KAWAGUCHI vol.16

 安部公房「詩人の生涯」2018.4.21/22


朗読者、2018年の新作第一号は 安部公房です!!!

詩人の生涯 安部公房 朗読者

朗読者 in KAWAGUCHI vol.16  2018.4.21/22
 「詩人の生涯」 
 著◎安部公房
 演出・美術◎北川原梓
 出演◎奈佐健臣(大沢事務所)、河崎純(コントラバス)
 @KAF GALLERY


かの澁澤龍彦氏が「骨の髄までメタモルフォーシスの論理で武装した小説家」 (『変身のロマン』解説より) と評した、まさに変身・変形の作家・安部公房。氏の小説、戯曲でたびたび描かれる“人間の、物質化もしくは変態”は、何を指し示しているのでしょうか。暗示か啓示かそれとももっと物理的な意味合いなのか、その解釈や影響に対する研究は非常に活発です。

2018年3月24日

朗読者プレゼンツ コラボラティブweek 始動


朗読者プレゼンツの文学・文芸を巡る新企画が始まりました!
 ▼▼▼▼▼

極めて独立的で
すこぶる共同的な
作家を巡るショートトリップ!

朗読者プレゼンツ コラボラティブweek

第一回目は 『安部公房』 にショートトリップ!

2018年3月8日

花街饗宴ロウドクシャ閉幕

谷崎色雛宴席にお越しいただきました皆さま、誠にありがとうございました! 

女性の魔性を美しく描くことを成し遂げた作家、谷崎潤一郎の世界をお集まりの皆さまと五感で楽しめたことを心より嬉しく思います。 

2018年2月20日

限定5席追加! | 谷崎色雛宴席


 3月3日@浅草・吉原―花街饗宴ロウドクシャ 

いったん申し込みを締め切らせていただいた「谷崎色雛宴席」ですが、限定5席で追加販売を開始しました!


朗読者公演で4回、饗宴ロウドクシャでは2回目の谷崎潤一郎「刺青」。

―臆病な心を持った小娘が一晩にして、“女”へと生まれ変わる―