2017年11月3日

ロウドクシャの本棚、開設


「ここに一つ空っぽの棚がある。
はてさて、ぽっかりとしている。周囲の棚はそれぞれに使命感に満たされみしりとしているのに、ここだけは、コツンと音の響きそうなほど空虚だ。棚の奥行は果てしなく深いようで、どことなく寂しげである。

ロウドクシャの本棚
なにかぎっしりと詰まっていたのを誰かが持ち去ったのかもしれない、不思議とそんな名残を感じた。その気配に触れたくて棚を撫でていると、ふと、その名残を形にしてみてはどうかと胸が騒いだ。あったかもしれない、なかったかもしれない、書物の面影を一つ一つ丁寧に標本のごとくこの空っぽの棚におさめてゆこう。――そうだ。
そういうことならばと、ここを『ロウドクシャの本棚』と名づけることにした。」


と、こんな経緯で『ロウドクシャの本棚』を開設いたしました。
朗読者、饗宴ロウドクシャに集うアーティストやスタッフたちが 拾い集めた書物の面影を、この棚に丁寧に積み重ねてまいります。お楽しみに!

本日掲載のNo.1は案内人・茶谷ムジからの採集レポートです。
▼『ロウドクシャの本棚』▼
http://www.roudokusha.com/p/bookshelf.html